マッサージで椎間板ヘルニア痛風にマッサージしますか?

マッサージ、マッサージなどの治療を解除することができる筋肉の痙攣を改善し、血液循環を加速して局部、炎発痛物質、酸性代謝産物の吸収を軽減や炎症、水腫が消えて、そして神経根の癒着剥離.

は、マッサージなどの保守治療を通じて、突き出すようなことから元の位置に戻りますか?

答えは否定的なものだ.たとえば、1つのすでに老化の自転車のタイヤ、弾性、気体のチューブに充満するチューブを包むことを包む、これは困難な.

pは、突出した椎間板ヘルニアがない場合は、なぜ多く患者は保守治療後にとても良い効果が得られ、痛み症状が完全に消えてなくなりますか?この主な原因を通じて、マッサージ、マッサージの作用の著名な部位の神経根や週囲の組織や繊維環の炎症浮腫が消えて、際立った椎間板相対縮小、髄の核発生軽度の変位を改善したその神経根の圧迫.

牽引治療を腰背部筋肉が緩む直し脊椎機能性側彎を増大して、後の縦靭帯槌の隙間緊張に押し出して髄の核前の軽度の移動回位と手を引いて座骨神経下に移動し、減少突き出た椎間板神経根の圧迫 .そしてマッサージ、マッサージなどの治療は筋肉の痙攣を解除することができる、局部の血液循環を改善し、加速炎発痛物質、酸性代謝産物の吸収を軽減や炎症、水腫が消えて、そして神経根の癒着剥離.マッサージ、マッサージで発生の作用する力を通じて、繊維環、後に縦靭帯などの週辺の組織で働いて椎間板に変えることができて、椎間板の位置、改善神経根の圧迫場合、鎮痛効果.また、神経根やまわり組織の充血、浮腫など無菌性炎症反応がおさまっ、痛みを緩和する効果がある.

は一般的に、下記の場合の患者は保守治療治療を行うことに適合している.

(いち)初発作が足腰痛みや回数が多くない、病気の経過が短い.

病歴(2)の病歴は長、常に間欠性発作、足腰の痛みと気候の変化と疲労などの要因関係が密接に、臨床症状と徴候は比較的に軽い.

Pは足腰痛症状が目立つものの、長びく休む、症状が軽減され、厳格なシステムの保守治療を経ていない.

(よんしよ)画像検査を占めて物のない脊柱管矢状径のいち/さん—に/さんは、痛風、ポニーテール神経や運動機能障害.

P(5)は深刻な心血管疾患、糖尿病などの疾病を伴う、手術をしない.

P腰椎椎間板ヘルニアの患者、ベッド休憩も1種の常用の治療措置、応用は適当、時間には.急性期の患者は絶対臥ハードベッド休憩さん—よんしよ週間、この時、横向き、寝返りやあおむけに俯せが、避け座り直しあるいは離床.このように減った体重は椎間板の圧力、避けた腰椎屈伸活動椎間>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です