町(2)の痛風町(2)をすべる

はっきり言えない神秘、好奇ように入った布儂とに達しない溜町のところ……
夕日の下で、布儂の影が長く、溜町は、特別な名前だね、布儂は歩きながらたい…一座橋の上に刻まロリポップ小さい木の橋、布レノンとおかしいね!

そして、映った儂が目にしたのは1家の名は–愛慕の旅館で、旅の奔走して、多かれ少なかれ布儂で心身ともに時は止まって休みたい、布儂.
愛慕宿に入って、布儂ができた窓に近いところに座って、窓の外を見て行き来した人、大人にも、天真爛漫な子供、彼らの顔にあふれる笑顔はそんなに真実で、まるで布を儂持ち帰った彼女の子供のころ、小橋、流水、おばあさんは…期せずして一緻して現れる布儂脳裏の中で、艾克斯の若木、草や小鳥やセミは、みんな元気か、おばあさん、あなたは変わりないか?知らず知らずに布の眼窩が潤んた.子供、あなたは元気ですか?ある中年婦人は、布儂の身の回りに関心を持っていて、彼女は母のような温和な笑顔、この笑顔は彼の家の暖かさを感じて家の温かみを感じて、どんなに久しぶりに感じます.うん、大丈夫、大丈夫だよ ..布は微笑んで答えた.私は、中年の女性は布儂のそばに座って、微笑みで身の回りのこれは清潔で笑顔の女の子を眺めています.子供は、あなたから、私はあなたに注意して、あなたに注意して、あなたはあるものは私を引きつけて、ほほほ~具体は何です、私も言いません.」私の名前は布儂、おばちゃん、あなたの笑容と母の同じにやさしいです—」.2人は申し合わせたかのように相手を眺めて笑った、その後、布儂は自分のストーリを自分の見聞や路上に話したおばさん、布儂ゆっくり話を聞いて、おばさんに根気、また時々の問いに、突然、彼女たち二人はそんなにの発見を投げ脾臓ガス.

布儂は語るの間に、空がだんだん暗くなった、なる〜を眺めていた儂おばさんすみません笑った、彼女の腹に呼ばれました笑った,おばさんは子供たちで,先に食事昂~が悪いしてはいけません.

うん、うん..布儂、おばさん、あなたに紹介されました、この愛慕桟は若いころから経営する、今も早く二十年になります.子供は,痛風、あなたは、何も考えてはいけない、ご飯食べて、よく眠って、何のことで、私はとても元気になって、また良いですか?

うん、うん..どうしておばさんのことを言っても、何でおばさんの話は、彼女の心の正念場の中で言ってもいい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です