正しく歯を痛風磨いて:歯磨きはあなたは正しいですか?

歯ブラシは歯を磨いて欠かせないツールで、関係部門に全国歯ブラシ定型会議規定の標準に合うデザイン、生産衛生条件、有益な歯に縦ブラシの新型保健歯ブラシを特徴は歯ブラシ頭が小さくて,歯ブラシ毛硬さに合って、毛束の間の距離は合理的で、使うのは便利で、容易に洗う口腔各部位、歯と歯週組織への損傷を持ち、同時に洗浄と維持歯ブラシ自体の清潔衛生.練り歯磨きの选択の練り歯磨きは良い清潔性、駆除歯の表面や歯のすきまの中の汚れに強い:泡泡性勝ち気、利用に力の表面活性をできるだけ均一に歯磨きが広がり、汚れないものがあります;匂い香り、清涼,痛風、爽快感、虫歯や歯週病を予防した作用.どのように选択歯磨き?いち、もしクリア歯垢、オプション錆止め歯磨き、胺盐歯磨き.に、もし歯は熱に、寒いから生まれてだるくて痛くて、アレルギー防止薬のオプションの練り歯磨き.さん、歯肉炎を患って、歯週病、漢方薬、人参の練り歯磨きを选択することができます.よんしよ、虫歯があったら、选択することができますフッ化ストロンチウム、フッ化ナトリウムや防龃歯磨き.5、口臭があったら、銅塩葉緑素歯みがきを選択.どのように歯を磨いて日常のかばいの中で歯を磨くことは重要です.歯を磨いて回転して歯を磨いて法を回転して,先に歯槽の粘膜に置いて、45度角を呈します.そして、歯ブラシに向け牙冠方向に沿って歯莖.各部位の8 –
10回繰り返して、歯を磨いて時は必ずやり遂げ三面(歯舌側、唇、頬侧となぜ).毎日磨いて二度、朝晩それぞれ一度、3度5分.この才能は、歯の目的を徹底的に達成することができます.すべての人はすべて認識製品は、定期的に口腔の健康検査、毎年1~2度、早期発見できる歯科疾患治療.剛さんにとって萌えの若い永久歯が、通の巢の閉鎖予防的治療、歯に衣着1件の保護、虫歯を避ける.歯を磨く時使うべきフッ素の練り歯磨きをくわえて、フッ素の練り歯磨きをくわえに含まれる弗素剤、摩擦剤や清潔剤など、それらを果たすことができる防龋、歯肉炎などの作用を防ぐ.歯ブラシの選択は同様に重要で、一般歯ブラシ全長150-155mm、ブラシ長24-28mm、ブラシ9-11mm幅、高さ9-10mm毛束、毛束列数列さん、毛毛磨先端は丸い、やわらかな、こんな磨伤ない歯ぐき.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です