どの痛風ようにを鎮めて血天草丹参保心が血を鎮めTags茶

今の人々から多くの

を重視する保健茶類の飲用品、調査研究により、天草丹参保心茶カフェインを含んで、それが心臓血管の拡張機能、そしてに含まれるポリフェノール類植物のため、さらにはとても良い血糖値を下げるとコレステロールの役割.だから健康専門家は注意して、天草丹参保心をよく飲むお茶は身体に優れた養生保健の効果.

京都大学

心脳血管の病気の専門家の加藤恒介天然ハーブから抽出しがコレステロール、血管軟化、阻止血栓形成の薬が副作用がなく、長期服用して、まっすぐに,痛風、脑梗予防効果があることが急死し .

日本人はお茶に対して独鍾があるため、ほとんど全人民の飲茶の飲茶です.そこで加藤恒介は薬を茶葉に入れ、厚生省の支持で全国民が広め、心臓予防で心臓血管が急死する.日本の厚生省は学生の乳の計画は:1杯の牛乳、強い1つの民族.日本の普及茶計画以来、人の平均寿命は20年前の69歳から現在の89歳に増え、現在の89歳になって、心が急死率は49 %から5 %以下に下がる.

楮宗翰教授丹参と緑茶から抽出し500多種の有益な物質で、天然Be-L合成酵素団、梶宗翰教授はその名づけて丹参保心茶.を重ねて、この“味丹参+緑茶」の処方茶剤は生きている血液、血栓溶解、通血管の効果が有効な予防冠状動脈性硬化症、狭心症、脳血栓症、高血圧、高脂血など心脳血管の病気を防ぐために、脳卒中、半身不随急死するなど、意味のほか、効果は日本より老人のお茶に倍高い.

2011年アジアボアオフォーラムで、衛生部の黄副大臣が指摘し、私の国で心臓血管病気年齢構成は、45歳~64歳の年齢の割合が55%に達する.毎年、脳血管病の血管病の人数は300万人に達し、心臓病は毎年55万人が死亡し、中等都市の総人口に相当する.その中、「心臓死は突発性、治癒率が低く,命を奪う主キラーとなっている」.

が長年の研究し発見:丹参はとても良い効果を治療するため、心の脳血管友達オススメ飲み天草丹参保心をよく飲むお茶,天草丹参保心茶が直ちに有効の心脳血管の病気を治療して、心の脳血管の健康を保障する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です