健康養生茶の痛風漢方医は五臓を飼って、五色の草花の茶茶を飲むことを飲んで

" p " p>花草茶はヨーロッパに風靡し、香りもあふれ、体にも健康効果のある、ヨーロッパの漢方薬.これは効果はないが、長期的に飲むと、体に養生の役割を果たすことができます.私たちは、どのように漢方医と花草茶と連絡をして、人々の養生を手伝うようにしましょう!

1、心臓に利益のある草花の茶を持ってます:

pの心臓の作用は血液を作り、血液の流れを促進し、血液の流れを推進し,酸素や各種の栄養物質を供給し,人体の最も重要な器官である.

p> <いち、苦丁茶(川):は散熱、清のボス、煩わして喉が渇いて作用を除いて、頭痛の治療に使用、歯痛、目の赤い、熱風いらだって喉が渇いて、赤痢など.現代薬理学研究は証明、苦丁茶だけでなく含有の人体の多種のアミノ酸、ビタミンと亜鉛、マンガン、铷などの微量元素、まだ持ってコレステロール、冠動脈の血流量を増加、増加心筋供血、抗酸化作用、心の脳血管病病患者のめまい、頭痛、息苦しくて、力がないで、眠れないなどの症状の治療作用が良いので、注目の中で高齢者の愛顧.

に、千日は赤:サン明目、咳を止め定喘、降圧デトックス.

さん、アマチャヅル:コレステロール血圧、コレステロール.

4、人参の花:強い心の腎臓、血圧、寿命を延ばす.

p5、レモンは:愛美の女性にとっては、まず非常に効果的にダイエット食品です.レモンは心臓血管の病気の食品
,痛風、高血圧、心筋梗塞患者はよくレモンの飲み物を飲んで、改善する病状に対して大きい益がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です