春の痛風お茶は九大の誤りを避けて

春の季節になると、多くの人が好きで暇な時に1杯のお茶を飲みに来て人生を楽しみ、それだけではなく、その選択肢に茶の適切なと、から養生保健の作用で,しかし、春のお茶を飲んで、皆さんぜひ注意以下九大一般避け誤区.

1:P一:お茶は新鮮ならば、お茶は新鮮で良いです.

今風茶は、半ヶ月という新茶の新茶を指します.相対的に、この茶は飲みには味がよい.でも、漢方医理論から、加工の茶葉は怒気、このような怒気は時間が消えてなくて消えていった.そのため、飲み過ぎには新茶がのぼせるとのぼせるています.また、新茶中茶ポリフェノール、カフェイン含有量が高く、胃に刺激作用があり、よく飲むと新茶、胃腸に悪い可能性があります.胃の悪い人は、加工後に半個の月の緑茶を保管して保存してください.また注意するのはは、すべての種類のお茶は全て新たな陳のより良い、たとえばプーアル茶など黒茶はエイジングが必要である、品質向上.

にはお茶を入れて、お茶を入れて、お湯を入れて.

によって高級な緑茶は通常85℃程度の水で来て、過熱の水は麦焦がしの新鮮なさわやかな味が下がる.鉄観音などウーロン茶だけでお湯を浸して、お茶のようによい;きつい圧黒茶プーアル餅茶もお茶を考えさせることを煮て、プーアル茶で特色の品質の成分を十分に浸出.

落とし穴の3:お茶の味香りの蓋.

泡花茶と烏龍茶に蓋が易浸すお茶、緑茶に浸して蓋かえって影響の純粋な香り.

Pとは、紙コップや保温カップでお茶を入れて.

紙コップ内壁がワックスの層、ワックスに溶解した後に影響を及ぼすお茶の味、保温コップをお茶を設置し,恒温高温の環境は、お茶の色を黄色になって,痛風、深くなり、味が苦しみ、水つまらなくて味が現れて、甚だしきに至っては影響を及ぼす可能性のお茶の養生の価値.そのために外出する時、先に急須で淹れて良い、それから水温が下がってからまた保温カップに入れて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です