女性の痛風養生はくれぐれもこの18件の事をするな

女性は養生保健、くれぐれもこの18件の事をするな.健康で楽しく生活を享受しなければならなくて、いくつか養生の小さい常識、特に女性、更に必要な養生保健の知識、家族の健康のために,もっと自分に自分で.以下この18件の事、しないでください.

p1 .寝坊してます

朝寝坊を大脳皮質抑制時間が長すぎて、長い時間を経て、一定の程度の脳機能障害を起こす人を招き,理解力や記憶力の減退させる免疫機能が低下し、また、体のバイオリズムを乱す、怠惰、惰性を生じるとともに、筋の肉、関節や泌尿係も不利.また、血液循環が悪くない、全身の栄養輸送が遅れず、新陳代謝にも影響を及ぼしている.夜間は窓を閉鎖して寝て、朝室内空気が濁って、恋ベッドは風邪、咳など呼吸システム疾病の発生が容易になりやすいです.

に起きて、起きても

p人体自身-も汚染源.一夜の睡眠中、人体の皮膚は大量の水蒸気を排出して、掛け布団の異なった程度のしっける.人の呼吸と分布は全身の毛穴が排出する化学物質は145種類がありますか?汗から蒸発した化学物質が151種
.布団は吸収して水分と気体を吸着して、その外に出て行って、すぐに畳んて、容易に布団のしっけると化学物質汚染に汚染されます.

朝食

3 .

は朝食を食べない人は通常の食生活が乱れて、疲れやすい、めまいと無力、長い時間を経て、栄養が不足し、貧血、抵抗力が低下し、膵、肝っ玉の結石を生む.

食後の松永

は、食後に松永

をします

食後ベルトを腹腔内圧力が低下し、消化器官の活動と靭帯の負荷量が増え、腸の蠕動激化を促し、容易な発生の腸ねん転、腹部膨満、腹痛、嘔吐,痛風、胃下垂などの病気にかかりやすい.

食後は寝る

食後すぐ寝

を脳の血液の流れが胃、血圧を下げて、脳のエール量も減少し、食後に極度に疲れて、みぞおちが起きやすい燃焼や消化不良で、また太り.もし血液原が供給不足の場合は、食後に倒れて寝て、静止しない状態、非常に中風になりやすい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です