養生粥の痛風作り方は五項養生のレシピ

Pは寒い冬の冬の摂生を飲むと、どんなに美しいことか.養生のおかゆの作り方は知りますか?冬は何を食べているか知っていますか.今日は小編集からあなたに5項の養生のおかゆを推薦して、あなたに冬で寒さにならないで、健康養生!

乳燕麦粥

オートムギは穀物で最高の完全価栄養食品、蛋白質の含有量を超えて他の穀類、しかもアミノ酸組成は非常に合理的に吸収しやすく、ビタミン、カルシウム、燐、鉄などの栄養の物質は非常に豊富で、いずれも同類の穀物を上回る.

のほかにも、オートムギの強い満腹感が起きにくい飢餓感を果たすことができるから、本当の内の抑制とクリア油脂ごみに達し、便通を排除し、油脂毒素や美容の効果 .

材料:牛乳250か、水300ミリリットル、オートミール50グラム((1)燕麦燕麦)(1碗の量).

牛乳の中には、同時に、煮ては、麦、5分くらいで、また、火を入れてもいいです.もし加工を経ていないのオートムギが増えとる、煮物おかゆとしばらく煮.

とうもろこしクコおかゆ

トウモロコシカルシウム量や牛乳に匹敵する、豊富なビタミンEを果たすことができて軽減動脈硬化や脳機能が衰えて、皮膚の老化など効果;多くの食物繊維、便秘便通の功、加速発ガン物質や他の毒物の排出.

P材料:トウモロコシを100グラム、クコ25グラム、百合15グラム(新鮮百合30 g).

まず、トウモロコシを洗ってきれいに洗って、そのまま鍋に入れ、大火で3分、クコ、クコを入れて、また、小火で5分煮てもいいです.

山芋クコクコ(Pクコクコ

原料:山芋600グラム、メートルいち/にカップ、クコの実、砂糖桂花(氷砂糖)、ワケギ.

お米は早めに半時間浸し、山芋洗浄、皮切り.泡の良いメートルを鍋に入れ、ごカップを沸かし,痛風、改小さい火成粥を煮て、クコの実、山芋ブロックに一緒に煮.少しかき混ぜ、弱火で煮さんじゅう分.

リュウガン(p)はリュウガンをしておかゆにして

をして

リュウガン肉良好滋養強壮剤、補って血気、パズルを鎮めて定宁心,誌の効果、使えるか虚損、血気の不足による不眠、忘れて、その上、めまいなどの病気.

その糖度が高くて、しかも含有されて人体に直接吸収のブドウブドウ糖体が弱い、貧血、老殘、長患い体虚、よく食べが潤う効果;験研究し発見して、元を除く全身利点の作用に肉のほか、脳細胞を強めることができてとても役に立って,記憶疲労を取り除く.

リュウガン肉:リュウガン肉、トウモロコシ.

方法:準備桂龍眼の果肉じゅうごグラム、トウモロコシ適量.そしてリュウガン肉を洗い